建築請負契約ってなに?

住宅を建てる際には建築請負契約を行うことになりますが、これがどういったものであるのか詳しく理解していない人は非常に多いと言えます。工事請負契約書にサインしておけば工事が進むと思っている人もいるかもしれません。しかし、正しい知識を持っていなければトラブルに繋がることがあるので注意が必要です。内容を理解していないままサインをして建築請負契約を完了させて後戻りできなくなってしまう可能性もあるので、どのようなものか知っておくことが大事だと言えるでしょう。

建築請負契約はこういった家を建てたいという注文者と請負者との約束であり、これを文書にしたものが工事請負契約書で、これと添付書類によってどのような家を建てる約束をしたのか分かるようになっています。工事請負契約書や工事請負契約締結書といった名前であることが多く、他には工事請負契約約款や見積書、設計図書などの書類が交付されるはずです。いずれも家を建てる際に重要な書類ですが、内容が間違っているまま契約してしまうと後戻りできなくなるので、内容をしっかりと確認してからサインするようにしてください。

失敗しないためには建物のプランが決まり、見積書の金額に合意してから契約を結ぶことが大切ですし、それぞれの書類を隅から隅まで読むことが大切です。これらの書類に書かれている内容はどのハウスメーカーや工務店でも大体同じですが、選んだ住宅会社によっては本来なら記載されているべきである事項が記載されていないケースもあります。必要な情報が書かれていないままサインするとトラブルに繋がるので、あらかじめ必須の項目を確かめておいてから契約書の中身を確認するとよいでしょう。

そして、書類が渡されるときには説明が行われるはずですが、書かれている内容全ての説明が受けられるわけではないので、スタッフから説明があったからとすぐにサインしないことが大事です。文章量が多く専門用語なども出てきて読むことが大変に感じられるかもしれませんが、インターネットなどで検索すれば用語の意味やチェックすべき部分を知ることができますので、調べながら読みましょう。建設請負契約が結ばれた後ですと問題点に気がついても修正してもらえない可能性があるので注意が必要です。住宅の建築を依頼するのであれば、建設請負契約について正しい知識を持ち、契約を結ぶ際にトラブルが発生しないように細心の注意を払っておきましょう。

関連記事
noimg
地鎮祭や上棟式って必ずしなきゃならないの?
noimg
建築確認申請とは
後悔
建売住宅を購入して後悔した事例
家を建てて失敗した女性
家を建てて失敗しないためには注文受託が一番
noimg
家を建てる前に資金計画をしっかりとしておこう